移動販売フランチャイズで、失敗しない独立開業を目指す!

開業資金200万円台

ここでは、開業資金200万円台から契約できる移動販売FCで起業したオーナーの声・おおまかな年収の例などをまとめています(開業資金はプランによって変わります)。

移動販売FC富良野メロンパンで起業したAさん

  • 月の売り上げはおよそ160万円です。
  • 仕入れ値は70万円程、車両のリース・保険料も含みその他経費に30万円ほどかかります。
  • 夫婦二人での収入は月に60万円程、年収は700万円台。
  • 地方でも、これだけの収入が得られるので、のびのび楽しんで商売をしています。
  • 将来、子ども達が巣立った後は、キャンピングカーを営業車両にして、二人で旅をしながら営業することが目標です。

夫婦で独立したというAさんご夫婦。

最も安価な買取型リースプラン、軽自動車の中古車タイプ205万円で開業しました(開業資金には加盟金のほか、二人までの研修費、車両の保証金が含まれています)。

大手企業に長年勤めていたご主人ですが、自分の人生を大切に、自由に生きたいと思うようになりました。

そうしたなか、頑張った分、自分に戻ってくるという独立した生き方を選んだといいます。現在は、大型量販店の前や道の駅で、月に20日間の労働に励んでいるとのこと。

移動販売FCオクトパスファイヤーズで起業したHさん

  • 月の売上げは120万円程度。
  • 材料費は売上げのおよそ1/3、光熱費、場所代、ガソリン代、フランチャイズ費でおよそ30万円。
  • すべて1人で行っているので利益を全額手にすることができ、年収ベースで600~700万円の収入になります。
  • 移動販売車という機動力を活かした販売が可能、売れる場所を目指して出店できることを、最大のメリットに感じています。

移動販売はビジネスリスクが少ないという理由で、起業を決意したYさん。

普段は店舗の駐車場で、リクエストがある場合はイベントにも積極的に出店しています。

土・日・祝日を中心に、平日も含め25日稼働。将来店舗を持つという目標に向かって、日々努力しているようです。